米国利上げとは

      2016/05/09

米国株は続落、雇用統計底堅く9月利上げ観測強まる

米国株は下落、雇用統計受け、早期利上げ観測拡大(7日)

米FRB、バブル防止目的に利上げ急ぐべきでない=メスター総裁

FRBが利上げをする理由・時期・手段

7日に発表された米国雇用統計では21.5万人増で
いよいよ利上げが現実味を帯びてきました

そもそも利上げとは

中央銀行は、国内の経済情勢において、インフレ懸念が強まったり、景気が過熱した場合などに金利水準を引き上げる政策をとる。利上げは、その国の中央銀行が政策金利を引き上げることをいう。一般に利上げを行うと市場金利が上昇し、企業の設備投資が抑制され、個人の消費意欲も衰えるため景気にブレーキがかかる一方で、過度に金利が上がれば、景気は急速に冷え込む恐れがある。そのため、金融政策において、金利の変更幅や変更時期は、適切に見極めて実施されることが重要となる。

通常、金融政策の判断については、利上げは慎重に行われる一方で、利下げは大胆に行われる傾向がある。
ちなみに外国為替市場においては、利上げが行われそうな(期待される)国の通貨が買われることがよくある。
(引用元url)

ちょっと砕けた言い方をすると
中央銀行(米国ではFRB,日本では日銀)が
景気が良くなってきたからバブルを未然に防ぐために
金利を上げてお金を借りにくくする=お金を回りにくくする
=利上げ

もしくは、景気が悪くなっちゃったから金利を下げて
個人がローンを借りて車とか買ったり
企業が設備投資できるようにして景気付けをしよう
ってのが利下げです

ただ今回の米国の利上げはリスクが満載だとさまざまな識者が言っています

それはなぜかというと
・現在の金利水準が非常に低い(ほぼ0%)
・世界各国で金融緩和が行われており、市場にお金がじゃぶじゃぶ

この2つの要因が特に言及されているものです

歴史を見ても利上げ後は株式から債券にお金が向かっています
リスクのある株式よりも無リスクである債券に向かうからです
(いまさら聞けない)米国の利上げって何?どんな影響がある?

今のところ9月に利上げが行われるとの見方が多数です
利上げが行われると株価・経済に大きな影響があるのは
間違いないので、経済に関心の方もぜひ注目してください

[ad#co-1]

 - 経済 , , , , , , , , ,