外国株に投資するメリット1

      2016/12/21

企業を評価する上で重要な指標であるROEというものがあります

ROEとは
英語ではReturn on equity
日本語では株主資本利益率などと呼ばれています

ROE=当期純利益÷自己資本

このROEが10%の会社に100万円を投資していたら
1年間で10万円を会社が稼いでくれることになります

つまりこの数字を上げることができたら、
より投資効率を向上させることができるわけです

巷では、外国株は危ないなどネガティブイメージが
先行してしまっていますが
実際の数字をみてみると
アメリカ・・・約15%
オーストラリア・・・約11%
ドイツ・・・約10%
日本・・・6%
こんな感じです

どうでしょうか??

ちなみに、今までに1度は聞いたことある企業だと思いますが
住友林業・・・4.1%
不二家・・・1.0%
これらの企業はこのような値となっています

ですので、タイトル通り
これからは外国株に投資することも1つの選択肢にいた方がベターです

ただ、為替の影響もあるのでそこは要チェックですね!
次回はチャートベースで考えていきます!

次の記事は「外国株に投資するメリット2」です

[ad#co-1]

 - 投資 , , , , , , , , , ,