投資戦略 セゾンとその他のミックス2

      2016/12/21

Screen Shot 2016-05-11 at 20.42.29

前回に引き続き投資戦略です。

前回は長期投資について書きましたが、
なぜそこまで長期にこだわるのか?について私自身の意見を述べたいと思います

私は学生時代経済系の学部にいまして、
経済に関する本をたくさん読んでたんですよ

その中でも一番しっくりきたのが、マルクスの資本論でして、
この本を読んだ時ほど興奮した時はありませんね
何をどう興奮したのかと聞かれても言葉にできないような経験で、
頭から踵にかけて雷が落ちた瞬間みたいな感じですね

そんなわけで全然説明できてないですけど、
とりあえず簡単にマルクスの資本論の話をしてから私の考えにいきます!

マルクスと聞くと、共産主義者や資本主義の崩壊を予測した人
などといった意見がありますが、
私は、「お金とは何か明らかにした人物」だと思っています。

マルクスは資本論の中で、経済を明らかにするために商品という経済の中でも、
一番小さい単位を調べることによって、それを明らかにできると考えたわけです。

分かりやすくいうと、科学だと物質があって、
その最小単位は原子?(間違ってるかも!)で物質が構成されてる!って感じです!

さて、まずは商品を明らかにしていくわけですが、
昔は今のようにお金とモノとを交換する文化がなかったこともありました
いわゆる物々交換ですね

でも物々交換だと、壊したり盗まれてしまうといったリスクもあるわけです
そういった理由から、人々はモノとモノではなく
モノとモノに替わるある商品、つまり金などの貨幣を導入したわけです

しかし、よく考えてみてください
モノとモノを交換する際、もしくはモノと貨幣を交換する際は一体何を基準にすればいいのでしょうか?

現代では、お店の商品にもお札にも値札がついていますが、
昔はそうではなかったはず

結論から言ってしまえば、
マルクスは「モノの価値は人間労働の総和で決まる」と考えました
※人間労働とは一個人ではなく、社会全体でみた場合の平均1単位のことです

例として、マルクスの考え方では
Tシャツ1枚 を作るのに=2時間の人間労働が必要
綺麗な水10L を作るのに=2時間の人間労働が必要
金0.5G   を手に入れるのに=2時間の人間労働が必要
だった場合、人間労働は同じく2時間なので、すべての価値は等しいです
(マルクスの主張に基づけば)

つまり
Tシャツ1枚=綺麗な水10L=金0.5G
このような方程式も導きだすことができます、

ここで、
「この中で自分にとって、もしくはあったら一番便利なモノはどれだろう?」
と考えてみてください

正直なところどれをとっても一人一人欲しいものが違うから正解だと思いますが、
マルクスはこの中でも金、つまり貨幣はかなり特別なものだと言っています

どういうことかというと、貨幣が出来た理由は前述の通り、
リスクを回避できることや利便性を高められるからです
しかし、お金は「資本」としても使うことが出来るのです!

本来であれば、貨幣とは何かと交換する際に使用するものです
資本論的に表記すると、
W-G-W
となります。

日本語的に表記すると、
富ー貨幣ー富 
です(経済学では価値あるものを、財とか富と呼びます)
労働力の提供➡お金もらう➡何か買う(ご飯とか服とか)

本来の意味での貨幣は
モノとモノを交換するのを簡略化するためのはずなのですが、この貨幣を資本に変容させると
G-W-G’
となります
最後にダッシュマークがついていますが、
これが一番重要です!この記事の中で!!

本来お金は交換の際に使用するための道具のようなモノと再三述べましたが、
貨幣を資本へと変容させるととんでもないことが起こります

貨幣ー富ー貨幣+α
(この場合の富とは、工場とか金融資産を想像していただければ結構です)
イメージとしては、
100万円(貨幣)で➡金融資産を買う(富)➡金融資産のリターン(100万円+α)

このように、貨幣から資本へと変容させると
お金がお金を稼いでくれることになっちゃうわけです!
本来であれば、モノとモノを交換する際に便利な商品券はずなのに、
何もしていなくても不労所得が発生してしまいます

昔は一庶民が資産を持つということは考えられませんでしたが、
現在では金融資産などを通して、資産家になることができます

このような理由から、
・生産手段を有すること、(金融資産を通して)
・常に G-W-G’ を繰り返して
長期で運用してお金にお金を稼がせる良いサイクルを作ることを目指しています
長期で運用していけば、お金がお金を稼いでくれますからね

今回のマルクスに関しては結構長くて、読みにくかった部分もあるかなと思いましたが、
私の根っこにある部分のことなのであえて書きました

次の記事で、具体的にどう資産を作っていくかについて書きます

次の記事は「投資戦略 セゾンとその他のミックス3」です

[ad#co-1]

 - セゾン投信, 投資 , , , , , , , ,