セゾン投信をファイナンスの視点から考える3

      2016/12/21

今回は実際にリスクを求めてみます!

求め方は
1データの平均値を求める
2それぞれのデータの偏差を求める(データの値ー平均値)
(1つのデータが平均値からどれだけ離れているかを測る)
3各データの偏差を2乗し、分散を求める
(興味ない人は飛ばしてね!なぜ2乗するか?と考える方もいるかもしれませんが、
答えとしては楽だから!まず、値を正の数にしたいというのは分かると思います
正の値にする場合絶対値を使う方が分かりやすいし、面倒くさくないです
ただ、コンピュータに計算させる時は場合分けの処理が必要なため、
手順が増えてしまいますが、2乗する場合は、場合分けをする必要がなく
必ず正の値になります。なので2乗が使われます)
4分散の平方根を求める=標準偏差

さて、選んだ企業ですが
みんなが知っているトヨタ自動車にしました!
※データはYahoo!ファイナンスから持ってきました
企業名で検索し、時系列をクリックすると過去のデータを取得できます
今回は株価のみでリスクを求めたので、配当は一切含んでいません

日付 始値 高値 安値 終値 出来高 調整後終値*
16年5月 5,404 5,776 5,375 5,681 169,177,400 5,681
16年4月 5,930 6,027 5,256 5,654 249,448,300 5,654
16年3月 5,853 6,244 5,824 5,952 228,662,800 5,952
16年2月 7,300 7,355 5,703 5,897 286,595,100 5,897
16年1月 7,400 7,495 6,392 7,200 229,359,900 7,200
15年12月 7,691 7,862 7,324 7,488 191,612,100 7,488
15年11月 7,380 7,717 7,331 7,657 143,789,100 7,657
15年10月 7,020 7,668 6,961 7,469 221,454,500 7,469
15年9月 7,124 7,491 6,669 6,971 240,998,400 6,971
15年8月 8,239 8,239 6,650 7,192 217,821,000 7,192
15年7月 8,178 8,444 7,630 8,253 150,227,900 8,253
15年6月 8,573 8,593 8,095 8,203 149,175,200 8,203
15年5月 8,298 8,700 8,150 8,604 136,256,500 8,604
15年4月 8,268 8,535 8,175 8,358 149,367,700 8,358
15年3月 8,115 8,783 8,029 8,383 195,478,200 8,383
15年2月 7,551 8,229 7,495 8,063 170,410,400 8,063
15年1月 7,565 7,834 7,255 7,645 190,708,800 7,645
14年12月 7,360 7,873 7,107 7,558 244,583,800 7,558
14年11月 6,830 7,314 6,696 7,314 232,048,700 7,314
平均 標準偏差 標準偏差の%
7,694 876.9 0.1139

エクセルを使うと本当に簡単で
=Stdev.s(データを選択)
で求めることが出来ちゃいます!

株価のリスクは高値を用いて求めました
その結果月当たり876円のばらつきがあることが分かりました

どういうことかというと、
平均の株価からプラスマイナスの方向に876円動くということです
リスクと聞くとどうしても悪い方向に考えてしまいがちですが、
プラスにも働くしマイナスにも働くという性質を持っています
つまり、プラスにリスクが働けば,、リターン
マイナスに働けば、損失
となるわけです

リスクとリターンは切っても切り離せない関係
ということが分かっていただけたかと思います

時々、ローリスクハイリターンを求めている人いますが
それは絶対にありえないことです!
なぜなら、リスク=標準偏差が大きくないと、
プラス方向に大きく動かないからです
プラス方向に大きく働くということは
マイナスにも働くということを意味しており
最終的にはハイリスクハイリターンとなります

なので、今後もしリスクに関する話を耳にしたら
この関係をしっかりと考えて行動するべきです

とまあリスクとリターンは密接な関係ということがわかりました
今回私はトヨタ自動車の株価のリスクを求めましたが、
これをみるだけではなく、自分の好きな会社・気になる会社のリスクを
求めてみて頂ければと思います

次の記事は「セゾン投信をファイナンスの視点から考える4」です

[ad#co-1]

 - セゾン投信, 投資 , , , , , , , , , ,