VagrantでFlask(Python)環境開発

VagrantでFlask(Python)環境開発

こちらが完了していないなら先に済ませてから
flaskの環境を開発していきます

Windows仮想環境構築

 

Pythonのインストール

まずは仮想環境に入ります
仮想環境に入るにはVagrantFileを生成したディレクトリに
移動する必要があります

vagrantコマンドが動かない場合は
必ず「mvp/centos7」のディレクトリにいるか確認しましょう

仮想環境に入ることができたらpyenvをインストールします
Pythonのバージョンを簡単に変更できるツールです

 

このようなとくていのファイルが表示されるので
「a」ボタンを押して編集を有効化します

「a」ボタンを押すと左下に「INSERT」という文字が出てきます
これは編集中という意味です

 

次にこちらを追加します

追加するとこのような感じになります

追加が完了したらこの修正を反映させます

まずは「Esc」キーを押します
「INSERT」の文言がなくなり修正モードが終了しました

次はこの修正を適用するために「:wq」と打ち込んでエンターを押します
エンターを押すと元のターミナルに戻ります

 

ターミナルに戻ったらこちらを実行
先ほどの修正をVagrantで適用します

 

次は利用可能なPythonのバージョンを確認します

 

たくさん出てきますが今回は3.6.4をインストールします

 

次はPython3.6.4を使えるようにします

 

次はPythonのバージョンを確認します

無事にインストールされています!

それでは次はPython用のディレクトリを作成していきます

 

Visual studio codeでapp.pyを開きこのように修正します

 

その後実行するためにこちらをターミナルで実行

 

flaskがインストールされていないのでインストールします

 

完了したら再度サーバーを起動します

localhost:5000にアクセスしても表示されないので、
こちらの設定を行います

 

 

※以下の修正方法はRuby on Railsで同じ問題を対処した方法です。私の環境では動きましたが、万が一動かなければコメントするかご連絡ください

 

それではこちらを直していきます

まずは仮想環境からでます

 

次はVagrantFileにこちらを追加します

Ctrl + S で保存してからvagrantに設定を反映させるためにこちらを実行

実行が完了したら再度仮想環境に入ります

仮想環境へ入ったらこちらのコマンドを実行していきます

実行が完了したら先ほど作成したプロジェクトに移動して
flaskを起動してみます
※source …..を実行してvenvに入ってから実行してください。venvはpython3.6.4を動かすことができるkんきょうです。

以下のリンクでログインしたところできました!

http://192.168.33.10:5000/

 

無事つながりました!

お疲れさまでした、これでflaskの環境設定は完了です!

いろいろと細かい説明は省きましたが、気になるようであれば「参考記事」
で調べるか自分でgoogleで調べてみてください

参考記事

Vagrant(CentOS7) + Rails環境でホストのブラウザからサーバ接続できなかった時の対処

MacOSにVagrantとPyenvとpyenv-virtualenv使ってUbuntu16.04、Python3系の仮想環境を構築

Flask ImportError: No Module Named Flask

 

Pythonカテゴリの最新記事